高濃度塩素混入はミスタードーナツ店員のミス

ミスドの塩素混入は漂白剤 店員のミス
 ドーナツチェーンの「ミスタードーナツ豊中駅前ショップ」(大阪府豊中市)で22日、客に提供した飲料水に高濃度の塩素が混入していた問題で、運営会社のダスキンは23日、店員が漂白剤入りの殺菌用の水を誤って提供したことが原因と発表した。
 ダスキンによると、21日の営業終了後、店員が殺菌するために水で希釈した漂白剤を、飲料水を入れるプラスチック製の容器に入れ、そのまま帰宅。22日の開店時に出勤した別の店員が容器に入った水を飲料用だと思い込み、そのまま紙コップやガラスのコップに入れて提供したという。規則では、水で希釈した漂白剤は専用スペースに満たし、容器や食器類を浸して殺菌することになっていた。
http://www.nikkansports.com/m/general/news/p-gn-tp0-20130324-1102173_m.html

ミスタードーナツ豊中駅前店で、幼児を含む5人が病院送りになった問題で、高濃度塩素が混入したのは、店員のミスである事が分かりました。
ミスタードーナツでは、水道水から浄水器を通して、プラスチック容器に入れた後、紙コップなどで客に提供するマニュアルとなっていました。
浄水器からは高濃度塩素は検出されず、混入されたのはその後となっていました。
選べる天然水!ワンウェイウォーター
どう考えても店員のミスである事は分かりますが、良く見ると塩素以前の問題である事が分かる。
事件の前日、スタッフが塩素を入れて洗浄しているプラスチック容器を残して帰宅。
次の日のスタッフが水が入っていると勘違いし、そのまま客に提供したのが原因。
しかし、前の日から入っていた水をそのまま提供するとは…かなり杜撰な現場ですね。
今回は、あまりにも高濃度であったため、逆に口に含んだ瞬間皆吐き出し大事には至りませんでした。
私はこういった店で食事をしませんが、外食が好きな方は注意した方が良さそうですね。何を入れられているか分かったものじゃない。